いつも言葉が私を支える

悩んでいる時、前に進みたい時、自分を変えたい時、偉人の名言格言が救いになり、後押しをしてくれる。良い人生を楽しむために、心の片隅に留めたい言葉。

「 恋愛 」 一覧

恋されて恋するのは恋愛ではなく友愛である

2017/04/17   -プラトン
 , ,

恋されて恋するのは恋愛ではなく友愛である。

人は

2017/04/17   -ルソー
 , ,

人は、実際の恋愛対象よりも、自分で心に描き出した相手の像の方を一層愛する。人がその愛する者を正確にあるがままに見るならば、もはや地上に恋は無くなるだろう。

復讐と恋愛においては

2017/04/17   -ニーチェ
 , ,

復讐と恋愛においては、女は男よりも野蛮である。

恋愛感情の中には

2017/04/17   -ニーチェ
 , , ,

恋愛感情の中には、いつも若干の狂気が潜んでいる。とは言っても、狂気の中にもまた、いつも若干の理性が潜んでいるものである。

与えようとばかりして

2017/04/17   -ゴッホ
 , ,

与えようとばかりして、貰おうとしなかった。なんと愚かな、間違った、誇張された、高慢な、短気な恋愛ではなかったか。ただ相手に与えるだけではいけない。相手からも貰わなくては。

恋愛とは女が男を追いかけることだ

恋愛とは女が男を追いかけることだ。女のほうはじっとしているのだから、女は男を待っているかのように見えるが、それはクモが無邪気なハエを網のほうへひきつけるのと同じやり方なのだ。

家庭はどこで始まるか?若い男と若い娘が恋愛に陥ることから始まる

家庭はどこで始まるか?若い男と若い娘が恋愛に陥ることから始まる。これ以上立派な道は、まだ発見されていない。

私は第三者を愛するために夫の目を盗んでいる女には

私は第三者を愛するために夫の目を盗んでいる女には、恋愛を感じないことはない。しかし第三者を愛するために子供を顧みない女には、満身の憎悪を感じている。

恋愛の徴候の一つは彼女に似た顔を発見することに極度に鋭敏になることである

恋愛の徴候の一つは彼女に似た顔を発見することに極度に鋭敏になることである。

恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである

恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである。少なくても詩的表現を受けない性欲は恋愛と呼ぶに値しない。