いつも言葉が私を支える

悩んでいる時、前に進みたい時、自分を変えたい時、偉人の名言格言が救いになり、後押しをしてくれる。良い人生を楽しむために、心の片隅に留めたい言葉。

「 高杉晋作 」 一覧

心すでに感ずれば

2017/04/17   -高杉晋作
 

心すでに感ずれば、すなわち、口に発して声となる。

今さらに なにをかいわむ 遅桜故郷の風に 散るぞうれしき先生を 慕うてようやく 野山獄#高杉晋作

2017/04/17   -高杉晋作
 ,

今さらに なにをかいわむ 遅桜故郷の風に 散るぞうれしき先生を 慕うてようやく 野山獄

おもしろきこともなき世をおもしろく#高杉晋作

2017/04/17   -高杉晋作
 

おもしろきこともなき世をおもしろく

これよりは長州男児の腕前お目に懸け申すべく#高杉晋作

2017/04/17   -高杉晋作
 

これよりは長州男児の腕前お目に懸け申すべく

国のために家が潰れても

2017/04/17   -高杉晋作
 

国のために家が潰れても、家などは軽いものである。世間が僕を狂っているといっても構わない。

死だなら 釈迦と孔子に追いついて道の奥義を 尋ねんとこそ思へ#高杉晋作

2017/04/17   -高杉晋作
 , ,

死だなら 釈迦と孔子に追いついて道の奥義を 尋ねんとこそ思へ

苦しいという言葉だけはどんなことがあっても言わないでおこうじゃないか

2017/04/17   -高杉晋作
 

苦しいという言葉だけはどんなことがあっても言わないでおこうじゃないか。

人間

2017/04/17   -高杉晋作
 , ,

人間、窮地におちいるのはよい。意外な方角に活路が見出せるからだ。しかし、死地におちいれば、それでおしまいだ。だから、おれは困ったの一言は吐かない。

真の楽しみは苦しみの中にこそある

2017/04/17   -高杉晋作
 

真の楽しみは苦しみの中にこそある。

古くから天下のことを行う者は

2017/04/17   -高杉晋作
 , ,

古くから天下のことを行う者は、大義を本分とし、決して他人に左右されることなく、断固として志を貫く。禍福や死生によって気持ちが揺れ動いたりするものではない。