いつも言葉が私を支える

悩んでいる時、前に進みたい時、自分を変えたい時、偉人の名言格言が救いになり、後押しをしてくれる。良い人生を楽しむために、心の片隅に留めたい言葉。

「 高杉晋作 」 一覧

死後に墓前にて芸妓御集め三弦など御鳴らし御祭りくだされ#高杉晋作

2017/04/17   -高杉晋作
 ,

死後に墓前にて芸妓御集め三弦など御鳴らし御祭りくだされ

後れても 後れてもまた後れても 誓ひしことを豈忘れめや#高杉晋作

2017/04/17   -高杉晋作
 

後れても 後れてもまた後れても 誓ひしことを豈忘れめや

三千世界の鴉を殺しぬしと朝寝をしてみたい#高杉晋作

2017/04/17   -高杉晋作
 ,

三千世界の鴉を殺しぬしと朝寝をしてみたい

生きるか死ぬかは時機に任せよう

2017/04/17   -高杉晋作
 ,

生きるか死ぬかは時機に任せよう。世の人が何と言おうと、そんなことは問題ではないのだ。

太閤も天保弘化に生まれなば

2017/04/17   -高杉晋作
 ,

太閤も天保弘化に生まれなば、何も得せずに死ぬべかりけり。

友人の信頼の度合いは人の死や緊急事態

2017/04/17   -高杉晋作
 , , ,

友人の信頼の度合いは人の死や緊急事態、困難の状況の時に分かる。

同志と共に国を作ろうとしている

2017/04/17   -高杉晋作
 ,

同志と共に国を作ろうとしている。曲がった国が真っ直ぐになるのはいつか分からない。その苦労は死んでからじっくりと味わおう。

翼あらば 千里の外も飛めぐりよろづの国を 見んとしぞおもふ#高杉晋作

2017/04/17   -高杉晋作
 

翼あらば 千里の外も飛めぐりよろづの国を 見んとしぞおもふ

世間の人々は名誉や利益を追って走っている

2017/04/17   -高杉晋作
 , , ,

世間の人々は名誉や利益を追って走っている。そんな時代に利益や名誉を捨てる僕のようなものが他にいるだろうか。僕はたとえ牢で死んでも恨みはない。

人は旧を忘れざるが義の初め

2017/04/17   -高杉晋作
 

人は旧を忘れざるが義の初め。