いつも言葉が私を支える

悩んでいる時、前に進みたい時、自分を変えたい時、偉人の名言格言が救いになり、後押しをしてくれる。良い人生を楽しむために、心の片隅に留めたい言葉。

「 西郷隆盛 」 一覧

事大小となく

2017/04/17   -西郷隆盛
 

事大小となく、正道を踏み至誠を推し、一事の詐謀を用うべからず。

世のすべての人からけなされても落ち込まず

2017/04/17   -西郷隆盛
 

世のすべての人からけなされても落ち込まず、すべての人から褒められてもうぬぼれるな。

己を尽くして人を咎めず

2017/04/17   -西郷隆盛
 , ,

己を尽くして人を咎めず。我が誠の足らざるを常にたずぬるべし。我を愛する心を以って人を愛せ。自己を許すが如く人を許せ。人を責めるが如く自己を責めよ。

命もいらず

2017/04/17   -西郷隆盛
 , ,

命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)をともにして国家の大業は成し得られぬなり。

志を貫くためには

2017/04/17   -西郷隆盛
 

志を貫くためには、玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志を曲げて瓦となってまで、生きながらえるのは恥とする。

功のあった人には禄を与えて

2017/04/17   -西郷隆盛
 

功のあった人には禄を与えて、能力のある人には位を与えよ

事に当たり

2017/04/17   -西郷隆盛
 ,

事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ。

思い切ってやりなさい

2017/04/17   -西郷隆盛
 ,

思い切ってやりなさい。責任は私がとる。

間違いを改めるとき

2017/04/17   -西郷隆盛
 

間違いを改めるとき、自ら間違っていたと気付けばそれでいい。そのことを捨てて、ただちに一歩を踏み出すべし。間違いを悔しく思い、取り繕うと心配することは、たとえば茶碗を割り、その欠けたものを合わせてみるよ …

幾たびか辛酸を経て

2017/04/17   -西郷隆盛
 

幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。