いつも言葉が私を支える

悩んでいる時、前に進みたい時、自分を変えたい時、偉人の名言格言が救いになり、後押しをしてくれる。良い人生を楽しむために、心の片隅に留めたい言葉。

「 渋沢栄一 」 一覧

大なる欲望をもって利殖を図ることに充分でないものは決して進むべきではない

2017/04/17   -渋沢栄一
 ,

大なる欲望をもって利殖を図ることに充分でないものは決して進むべきではない。空論に走り、うわべだけを飾る国民は決して真理の発達をなすものではない。

心を穏やかにさせるには思いやりを持つことが大事である

2017/04/17   -渋沢栄一
 

心を穏やかにさせるには思いやりを持つことが大事である。一切の私心をはさまずに物事にあたり、人に接するならば、心は穏やかで余裕を持つことができるのだ。

大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ

2017/04/17   -渋沢栄一
 

大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。

自分が信じないことは言わず

2017/04/17   -渋沢栄一
 , ,

自分が信じないことは言わず、知ったからには必ず行うという思いが強くなれば、自然に言葉は少なく、行動は素早くなる。

交際の奥の手は至誠である

2017/04/17   -渋沢栄一
 

交際の奥の手は至誠である。理にかない調和がとれていればひとりでにうまくいく。

人生の行路は様々で

人生の行路は様々で、時に善人が悪人に敗けたごとく見えることもあるが、長い間の善悪の差別は確然とつくものである。悪いことの習慣を多く持つものは悪人となり、良いことの習慣を多くつけている人は善人となる。

金儲けを品の悪いことのように考えるのは

2017/04/17   -渋沢栄一
 ,

金儲けを品の悪いことのように考えるのは、根本的に間違っている。しかし儲けることに熱中しすぎると、品が悪くなるのもたしかである。金儲けにも品位を忘れぬようにしたい。

たとえその事業が微々たるものであろうと

たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。

一家一人の為に発する怒りは小なる怒りにて

2017/04/17   -渋沢栄一
 , ,

一家一人の為に発する怒りは小なる怒りにて、一国の為に発する怒りは大いなる怒りである。大いなる怒りは、国家社会の進歩発展を促す。

できるだけ多くの人に

2017/04/17   -渋沢栄一
 ,

できるだけ多くの人に、できるだけ多くの幸福を与えるように行動するのが、我々の義務である。