いつも言葉が私を支える

悩んでいる時、前に進みたい時、自分を変えたい時、偉人の名言格言が救いになり、後押しをしてくれる。良い人生を楽しむために、心の片隅に留めたい言葉。

「 渋沢栄一 」 一覧

一個人がいかに富んでいても

2017/04/17   -渋沢栄一
 , , ,

一個人がいかに富んでいても、社会全体が貧乏であったら、その人の幸福は保証されない。その事業が個人を利するだけでなく、多数社会を利してゆくのでなければ、決して正しい商売とはいえない。

富者をうらやんでこれを嫉視するのは

2017/04/17   -渋沢栄一
 , , ,

富者をうらやんでこれを嫉視するのは、自分の努力の足りぬ薄志弱行のやからのやることだ。幸福は自らの力で進んでこれを勝ち取るのみだ。

道は誰でも行うことができる

2017/04/17   -渋沢栄一
 

道は誰でも行うことができる。人はみな道を行うだけの力がある。ただその道と力との大きさに差があるだけである。

人を選ぶとき

2017/04/17   -渋沢栄一
 , ,

人を選ぶとき、家族を大切にしている人は間違いない。仁者に敵なし。私は人を使うときには、知恵の多い人より人情に厚い人を選んで採用している。

男はいかに丸くとも

2017/04/17   -渋沢栄一
 

男はいかに丸くとも、角を持たねばならぬ。

ことに望んで感激すれば

2017/04/17   -渋沢栄一
 

ことに望んで感激すれば、おのずからやる気が出て奮い立つのだ。

死ぬときに残す教訓が大事なのではなく

2017/04/17   -渋沢栄一
 , ,

死ぬときに残す教訓が大事なのではなく、生きている時の行動が大事なのだ。

信用はのれんや見た目から得られるものではなく

2017/04/17   -渋沢栄一
 ,

信用はのれんや見た目から得られるものではなく、確固たる信念から生まれる。

真似をするときには

2017/04/17   -渋沢栄一
 

真似をするときには、その形ではなく、その心を真似するのがよい。

お前は自分の立場に忠実なのは結構だが

2017/04/17   -渋沢栄一
 ,

お前は自分の立場に忠実なのは結構だが、同時に恕、つまり相方の立場も理解してやるという広い気持ちを持たねば、世の中に円満に処していくことはできない。