いつも言葉が私を支える

悩んでいる時、前に進みたい時、自分を変えたい時、偉人の名言格言が救いになり、後押しをしてくれる。良い人生を楽しむために、心の片隅に留めたい言葉。

「 渋沢栄一 」 一覧

我が人生は

2017/04/17   -渋沢栄一
 ,

我が人生は、実業に在り。

論語とソロバンというかけ離れたものを一つにするという事が最も重要なのだ

2017/04/17   -渋沢栄一
 

論語とソロバンというかけ離れたものを一つにするという事が最も重要なのだ。

我も富み

2017/04/17   -渋沢栄一
 , ,

我も富み、人も富み、しかして国家の進歩発達をたすくる富にして、はじめて真正の富と言い得る。

真の富とは道徳に基づくものでなければ決して永くは続かない

2017/04/17   -渋沢栄一
 , ,

真の富とは道徳に基づくものでなければ決して永くは続かない。

世の人が元気をなくしており

世の人が元気をなくしており、社会の発展が停滞している。いままでの仕事を守って間違いなくするよりも、さらに大きな計画をして発展させ、世界と競争するのがよいのだ。

私は他人が掛物とか屏風とかその他の書画骨董に金を出すと同様に

2017/04/17   -渋沢栄一
 , , ,

私は他人が掛物とか屏風とかその他の書画骨董に金を出すと同様に、慈善事業に金を費やすことをもって一種の道楽と思うているくらいである。

四十

2017/04/17   -渋沢栄一
 

四十、五十は洟垂れ小僧、六十、七十は働き盛り、九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ。

余はいかなる事業を起こすにあたっても

2017/04/17   -渋沢栄一
 ,

余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。この事業は起こさねばならず、かの事業は盛んにせねばならずと思えば、それを起こし、関与し、あるいはその株式を所有することにする。

反対者には反対者の論理がある

2017/04/17   -渋沢栄一
 

反対者には反対者の論理がある。それを聞かないうちに、いきなりけしからん奴だと怒ってもはじまらない。問題の本質的な解決には結びつかない。

得意時代だからとて気を緩さず

2017/04/17   -渋沢栄一
 ,

得意時代だからとて気を緩さず、失意の時だからとて落胆せず、常操をもって道理を踏み通すように心がけて出ることが肝要である。