いつも言葉が私を支える

悩んでいる時、前に進みたい時、自分を変えたい時、偉人の名言格言が救いになり、後押しをしてくれる。良い人生を楽しむために、心の片隅に留めたい言葉。

「 徳川家康 」 一覧

大将というものはな

2017/04/17   -徳川家康
 ,

大将というものはな、家臣から敬われているようで、たえず落ち度を探されており、恐れられているようで侮られ、親しまれているようで疎んじられ、好かれているようで憎まれているものよ。

真らしき嘘はつくとも

2017/04/17   -徳川家康
 

真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず。

怒ったときには

2017/04/17   -徳川家康
 

怒ったときには、百雷の落ちるように怒れ。

およそ人の上に立って下のいさめを聞かざる者の

2017/04/17   -徳川家康
 

およそ人の上に立って下のいさめを聞かざる者の、国を失い、家を破らざるは、古今とも、これなし。

われ独り出頭して

2017/04/17   -徳川家康
 

われ独り出頭して、一人して事を埒あけたがるように致す、これ大なる病なり。

最初に軽い者を遣わして埒があかないからといって

2017/04/17   -徳川家康
 ,

最初に軽い者を遣わして埒があかないからといって、また重い者を遣わせば、初めに行った者は面目を失い、討ち死にをするほかはない。

あぶない所へ来ると

2017/04/17   -徳川家康
 

あぶない所へ来ると、馬から降りて歩く。これが秘伝である。

不自由を

2017/04/17   -徳川家康
 ,

不自由を、常と思えば、不足なし。心に望み起こらば、困窮したるときを思い出すべし。

人間は

2017/04/17   -徳川家康
 , ,

人間は、健康でありすぎたり、得意すぎたりする時にも警戒を要するのだが、疲れたおりの消極性もまた厳に戒めなければならない。

多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ

2017/04/17   -徳川家康
 , ,

多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。また、人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり、我説を押し通す者が増えてくる。