いつも言葉が私を支える

悩んでいる時、前に進みたい時、自分を変えたい時、偉人の名言格言が救いになり、後押しをしてくれる。良い人生を楽しむために、心の片隅に留めたい言葉。


関連記事

私の祖父がどんな人だったか知らないが

私の祖父がどんな人だったか知らないが、彼の孫がどんな人になるかにはとても感心がある。

私は一つの痛切な願いを持っている

私は一つの痛切な願いを持っている。それは、私がこの世に住んだがゆえに、少しだけ世の中が良くなったということが認められるまでは、生きていたいということだ。

もし最後の結果が良ければ

もし最後の結果が良ければ、私に浴びせられた非難などは全く問題ではない。ただし、最後の結果が悪ければ、たとえ十人の天使が私を弁護してくれたところで、何の役にも立ちはしない。

大統領にしても

大統領にしても、靴磨きにしても、世のため、人のために働く公僕だ。世の中に卑しい業というものはない。ただし、心の卑しい人はいるものだが。

経験的に

経験的に、悪徳を持たない者は美徳をほとんど持っていない。